*** 就職 ***

*** アルバイト ***

語源
非正規雇用の一形態。アルバイトという言葉は、ドイツ語で「労働」を意味する名詞のArbeitに由来する。明治時代に学生の間で使われていた隠語が、一般に広まったものである。英語ではパート・タイム・ジョブ (part-time job) やサイド・ジョブ (side job) 等という。ドイツ語で Arbeit といえば労働全般を指し、あえて日本語でいうアルバイトに近い言葉をさがせば英語からの外来語でジョブ(Job)となる。日本固有の概念であるが、日本国外にもフルタイムの雇用とパートタイムの雇用、期限の定めのある雇用と期限の定めのない雇用といった区別はあるが、それらを「アルバイト」と呼ぶことは無い。
概要
辞書では、学業や本業のかたわらにする仕事であると記載されていることが多い。「アルバイト」と「正社員」の区別は慣習的なものであり、企業がそのように呼び分けているだけである(「パート」と「アルバイト」の区分についても同様)。法的にはどちらも労働者であり、単に労働時間や契約期間が異なるに過ぎない。アルバイトでも、年次有給休暇を始めとする労働者としての権利の行使、会社が正社員に提供する福利厚生などの対象にはなる。実態として対象となっていない事が多いのは、「会社の方針として対象としていない」ことによる(なお、このような格差の状況に対しては、「バイトだから」といってあきらめないことが大事という意見がある)。

契約面では、正社員が書面によって雇用契約を交わすのに対し、アルバイトは口頭による口約束の場合がほとんどである。[要検証]
給与は、時間給や日当で支払われる事が多い。
就労者の構成は、24歳以下の若年者(特に学生)が多いが、高齢者も少なくない。
アルバイト全体に占める比率は、24歳以下が51%(うち学生は29%)、50歳以上は17.2%。
勤務時間は、年間の就業日数が増えるほど、勤務時間も増える傾向にあるが、正社員よりは少ない。
年間就業日数が200日未満では、アルバイトは勤務時間が週30時間未満が76%(正社員は11%)、年間就業日数が250日以上では、アルバイトは勤務時間が週43時間以上が48%(正社員は76%)。
正社員と同じ仕事を行ったとしても、社会からは所詮アルバイトという差別を受ける事が多い。

ここに上げた数字に関しては日々変動しております。

*** パートアルバイト ***

*** 派遣社員 ***

*** 東北地方太平洋沖地震 ***

謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます
この度の震災により被害を受けられた皆さま、また、被災地に所縁の深いご関係の 皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心底よりお祈り申し上げます。

*** その他 ***

*** 就職/求人 ***
就職の心得
面接
さまざまな注意事項
サイト管理人

*** リンク集ル ***

*** リンク ***
リンク
相互リンク1
相互リンク2
相互リンク3
相互リンク4
相互リンク5

Designed by CSS.Design Sample